タグ

タグ:芸術祭優秀賞

山田貢の友禅 -凪-

カテゴリ:


山田貢の友禅 -凪-

文明の崩壊した後の凪
松川八洲雄(映画監督)

 東京世田谷の大原交差点といったら、騒音と空気の汚染の一番酷い所として有名でした。多分今でもそうでしょう。その交差点に面した自動車修理工場の裏に、友禅の人間国宝である山田さんは半世紀以上住んでいる……というところからぼくらはこの記録を始めました。その、 第二次大戦の終戦後に建てられたままの家の、ベニア張りの大きな机の前が山田さんの座るところで、ですから照明はそこを照らすだけで良く、カメラもまたその指先のサインペンや青花の汁の筆先を撮るしかなかったのです。
 そうして息詰まる撮影の最後に、交差点の脇のビルの屋上に上がりました。排気ガスの海から首を出すと、西に富士山が見え(る筈でした)、東に新宿の副都心の超高層ビル群が聳えて望めます。そして1909年に「走る自動車は(ルーブルにある有名な)ギリシャのニケの彫像より美しい……」と”騒音とスピードを愛する”未来派の詩人マリネッテイの宣言したように、下からは騒音と、スピードが出せないためにイライラした警笛が湧き上がっていました。 突然、 僕もまた一面家々のひしめく中に聳える副都心の超高層ビル群が「ニケの彫像より美しく」思えたのです。
 そこでハッと気付きました。その光景は山田さんが、つい今しがた水洗いしたばかりの網干し風景、名付けて『凪』と何と似ていたことでしょう。それはまた否応なく、崩壊したヨーロッパを描いたシュールレアリスト、マックス・エルンストの絵を思いださせたのです。こうして意識しようとしまいと、山田さんは正しく現代の作家に他なりません。
 この映画はその山田さんへのオマージュでもあります。

文部省選定
文化庁優秀映画作品賞
芸術祭優秀賞

シリーズ <伝統工芸の名匠>
ポーラ伝統文化振興財団
英映画社
カラー34分

監修 北村哲郎
協力 岐阜市
名和昆虫博物館
松坂屋
三越資料館
製作 宮下英一
脚本演出 松川八洲雄
撮影 小林治
照明 前田基男
音響録音 加藤一郎
ナレーター 寺尾聰
演出助手 日向寺太郎、嘉本哲也
撮影助手 多田勉、百瀬修司
ネガ整理 福井千賀子
現像 IMAGICA
タイトル 菁映社

ラヴェル「ダフニスとクロエ」より
指揮/エルネスト・アンセルメ 演奏/スイス・ロマンド管弦楽団

このページのトップヘ

見出し画像
×