タグ

タグ:建設大臣賞

みんよう自慢 中部篇

カテゴリ:


日本の民謡とおどりシリーズ

みんよう自慢 中部篇

 みんなにしたしまれ、たれにも唄はれる唄わしがくにおらがくにさのみんようをたずねて――わたしたちは中部日本に旅をしました。みんようはそのくにそのまちのこころでありあたたかい情でもあります。わたくしたちはしばしその旅情にしたって見たいと思います。まづ日本一の富士のくに清水港は次郎長どんのくに茶どころ静岡の茶つきり節―伊豆韮山の代官江川担庵公が農兵を調練するために作ったと云う農兵節それから開港の歴史の裏に悲しい犠牲の一生を終えた唐人お吉の唄、日本の屋根とも云える中部山岳そこの伊那谷に古くから唄いつたえられた伊那ぶし、北陸の一中心地抒情ゆたかな柏崎の三階ぶし、日本海の荒海に浮ぶ佐渡ヶ島――其処のおけさ節、わたくしたちは太平洋から日本海え唄と踊りの旅をつづけました。そのくにぐにのみんようは、そのくに全部の人の心からの唄であり、踊りでありました。其処の土、其処の波によってつちゅかはれて来たみんようでありました。さアみんなで踊ろよ唄お、わしがくにおらがくにさのみんよう自慢! 
 

英映画社
白黒23分

演出 西尾泰輔
撮影 福田寅次郎
解説 高橋博

佐久間ダム建設記録(第二部)

カテゴリ:


佐久間ダム建設記録(第二部)

 この映画は一昨年の春に完成された“「佐久間ダム建設記録」第一部”に引続き製作されたものであります。
 第一部は昭和二十八年の春より二十九年の暮までの間、主として準備工事及掘削を主題としていますが、此の第二部は三十年一月より行われた、ダムのコンクリート打設より一、二、三次湛水を含めた現在までの約一年二ヶ月の間の記録がえがかれています。 
 

建設大臣賞
1956年全日本PR映画コンクール最高賞
文部省選定

株式会社間組
英映画社
白黒59分

製作 高橋銀三郎
演出 赤佐政治
撮影 守部甫
演出助手 大橋春夫
録音 安倍恒雄
作曲 小沢直与志
演奏 日本ビクター管弦楽団
解説 高橋博

佐久間ダム建設記録(第一部)

カテゴリ:


佐久間ダム建設記録(第一部)

 天龍川はその水源を長野県の諏訪湖に発し、上流部は伊那盆地をゆるやかに流れ、下流部は静岡県西部を貫流して太平洋の遠州灘にそそいでいる。中流部は激流岩を咬む峡谷で、天龍峡の絶景を作り伊那節の名調と共に天龍下りの場としてあまりに有名である。此の峡谷のつきようとする佐久間―此の地点が世紀にかがやくダム工事の行われている場所なのである。
 国鉄飯田線中部天龍駅より本流沿い約五粁上流に丸ビルの五倍、高さ百五十米のダムを作つて諏訪湖の約二倍もある人造湖とし、此の水を約一粁の隧道で発電所に導き、最大三十五万K .Wの電力を起そうとするもので、現在の重力式ダムでは世界第四位我国では勿論第一位の大堰提であるが、これをしかも三ヶ年の短時日突貫工事に依って完成しようとするもので、戦後に於ける日本の土木技術を世界に顕揚するものとして大きな期待と注目をあびているのは当然のことである。米国のアトキンソン会社と技術締契によつてその重機械類を従横に駆使、天龍川の特異な地形や洪水量等の悪条件を克服して今や世紀の大工事は完成に向って驀進しつゝある。
 此の映画はそのたくましい工事記録であり美くしい建設譜でもある。
 

建設大臣賞
文部省選定
全日本PR映画コンクール最高賞
1955年教育映画祭入賞

株式会社間組
英映画社
白黒45分

製作 高橋銀三郎
演出 赤佐政治
演出助手 大橋春夫
撮影 広川朝次郎、中西公弘、渡辺種久
作曲 日本ビクター・小沢直与志
演奏 日本ビクター管弦楽団
解説 高橋博
録音 井上俊彦

このページのトップヘ

見出し画像
×