カテゴリ

カテゴリ:ビデオ・その他

「ことばの国の裁判」「美しい日本語 楽しい語源」「くらしの中の音声訓練」

カテゴリ:


「ことばの国の裁判」「美しい日本語 楽しい語源」「くらしの中の音声訓練」

ビデオテープシリーズ(昭和61年度)
美しく豊かな言葉をめざして

文化庁
英映画社

ことばの国の裁判
―誤解を招かない表現―


<内容> 主人公大介は中学2学生。ある日、ことばの国で自分の日ごろの言葉づかいを裁かれるという、不思議な夢を見る。裁判長は校長先生、検事は言葉に厳しい国語の先生、弁護人はやさしい担任の先生、祖母・父・母・妹・友人も登場し、大介の犯した言葉の罪についてさまざまな意見を交わしあう。
 「おばあちゃん、お迎えが来ましたよ」「女のクセに野球のユニホームなんか着て」「お夜食うどんでいい?」「いいよ」などの言葉や、アイマイな表現がとんでもない誤解を招いたことについて。はたして判決は白か黒か。

美しい日本語 楽しい語源

<内容> 晚秋のある日、中学1年生の伸子は、国語学者の祖父のおともをして遊覧船に乗り、隅田川をさかのぼる。浅草に着いた二人は、浅草寺、鷲(おおとり)神社、一葉記念館などを散策しながら、目に触れ耳にすることばの由来について楽しく語りあう。ジャンケンポン、寿司、コロッケなどは、もともとはどこから来たことばなのだろうか。「日本語っていいなァ」ほのぼ のとそんな感じが伝わる作品である。

くらしの中の音声訓練

<内容> 昭和60年度の作品「くらしの中の音声訓練— 母音を中心に— 」の続編。登場人物は、指導の寺島先生と男女各2名(大学生、セ一ルスマン、銀行員、店員)の生徒である。個々の子音の特徴についての簡単な説明の後、生徒たちが実際に例題を発音し、先生の指導を受ける。シチジ(七時)、ショウヒシャ(消費者)、チシツ(地質)、ヒビヤ(日比谷)、モモノミ(桃の実)、レットウ(列島)……あなたも一緒にやってみませんか。

わが青春の早稲田

カテゴリ:

わが青春の早稲田

早稲田スピリットとは?
早稲田の思い出――。
このテーマを早稲田大学の著名OB20数名にぶつけてのインタビューと早稲田大学の歴史をドキュメンタリー風に綴ったビデオ

日本ビクター株式会社
英映画社
ステレオ/カラー70分

製作 福田千秋
宮下英一
監督 肥田侃
撮影 江本隆
音楽 小沢直与志
照明 藤井友之
V・E 明鹿野崇
製作補 内海穂高
資料撮影 小林治
ナレーター 伊藤鑛二
協力 早稲田大学、早稲田大学校友会、朝日新聞社、毎日新聞社、NHKサービスセンター、映像プロ、協同広告
製作協力 パピック、東洋現像所

お母さん

カテゴリ:


火災予防のスライド 純情劇物語 お母さん

<製作意図>
この物語りは、世間の何處にでもころがつている、いはば平凡な物語のようですが世界中で誰よりもお母さんが好き、お母さんはいゝ人と思い込んでいる子等の純情を、私たちは、社會はきづつけたくありません。其處にこの物語りの骨子があり、火災を發端として起る悲惨を教えもしようとするものです。

<あらすじ>
誰のお母さんもそうであるように廣子さん姉弟にとつても矢張りやさしいいゝお母さん。
その大事なお母さんの勤め先がふとした事から焼け、しかもそのけんぎがお母さんにかゝり姉弟一家は悲嘆にくれる。
けれどもやがてほんとうの事が分り、一家には再び幸福が訪れる。
それにしても恐ろしい火事、二度とこんな心配のないよう、ふだんから注意をしよう…………と心から誓い合う廣子さんたちでした。

英映画社
シナリオ:西尾泰輔
撮影:北村旭

このページのトップヘ

見出し画像
×